Top >  メニュー >  夫婦喧嘩は事前にルールを設けておくことで長期化せずにすむ

夫婦喧嘩は事前にルールを設けておくことで長期化せずにすむ

"たとえ夫婦といえども、もともと別の人格である男女が一緒に生活をしていれば、些細なことでひずみが生じ、大ゲンカに発展してしまうことがあります。
私たち夫婦の場合も、そういったことはよくあり、だいたい月に一度のペースで大きなケンカをしてしまっています。

原因はその時によって様々なのですが、大抵は嫁の軽はずみな言動や相手を思いやることができない感情的な一言が引き金となっている場合がほとんどです。

当然嫁側にも言い分はあり、そんなセリフを言わせるまで自分を怒らせただとか、私の言い方が気にいらなかったなどと向こうの主張は一貫しています。
それに対して、私は「そんなセリフは人として言ってはいけない」という風に叱るというスタイルでケンカは大きなものになってしまっています。

私たちの場合は、このようにもともとが相手を想って言い合ってしまうケンカなので、ケンカの際はいつもとことん話し合うことにしています。

これは事前に決めている夫婦ケンカの時のルールで「ケンカをしても次の日には持ちこさないようにしよう」というものです。
どれだけ相手に対して腹が立っても、許せないと思ったとしても、双方の意見が出切るまで一晩中でも話し合うことにしているのです。

ケンカの原因や、互いの互いに対するうっぷんをすべて相手に伝え、それに対して双方が寄せあっていくように建設的な話しをするのです。
そうすることによって、ケンカは徐々に収束していき、最後はお互いに「ごめんね」と謝って仲直りをしています。

このようなルールを事前に設けておくことで、たとえ大ゲンカをしたとしても、長期化せずに必ずその日のうちに仲直りができます。"

メニュー

関連エントリー

写真とプロフィールは重要 写真の印象 男性の写真 女性の写真 結婚相談所での自己PR 結婚相談所で中身で勝負 結婚相談所と3高 結婚相談所と会話 結婚相談所の入会基準 結婚相談所の途中退会 結婚式の準備は計画的に 肉食系と草食系について考えてみた 結婚してから知ったこと 30代以上の結婚 本人同士が納得していればいいと思います 幸せな瞬間を切り取る写真 写真だけ残す結婚、ちょっと寂しいかな。 ちょっと待って、妊娠検査薬の反応 すごく嬉しかったです 夫婦喧嘩は事前にルールを設けておくことで長期化せずにすむ