Top >  恋愛について >  結婚生活に合わない

結婚生活に合わない

"今まで独身でいたのは、縁がなかったといえばそれに尽きるかもしれません。
一度も紹介されることもなく、アピールすることもなかったのです。
そのかわり、多忙での肉体的にもハードな仕事には恵まれ、
朝から晩まで働き通し、という生活でした。
40代に入って、ちょっと上に立つ立場になってみると、
さらに輪をかけて家庭的な私生活は困難になってきました。

そんな私なので、自分の夫になる人がとても気の毒に感じます。
一応の生活を成り立たせるために、家事一般はしますが、
癒しの空間としての家庭を、夫に提供できるかどうかに自信がないのです。
また、コミュニケーションもちゃんととれるかどうか心配です。
なにもかも、オープンマインドでなくてはいけないのですから。

しかし、結婚には縁はありませんが、出産は経験しています。
子育ては使命感でやっている感で、わが子と接しています。
子どもがいると、ますます夫の存在について疑問を抱くようになり、
わが子には申し訳ないのですが、結婚することはできない、と言ってあります。

結婚生活が自分の生活に入ることで、ストレスを感じるようでは
結婚は無理なんだと、やっと悟った私なのです。"

恋愛について

関連エントリー

きっかけは手料理 良いも点も悪い点も 職場の恋愛などは上手に 職場恋愛はもういいや 安定とやすらぎ 人生を一緒に楽しめる人 ありがとうを言ってくれる人 若いうちに結婚しよう 新婚はどこまでか 結婚生活に合わない