Top >  メニュー >  30代以上の結婚

30代以上の結婚

"もう5年以上前の話、私がまだ学生だった頃。
家はお正月は家族全員そろってお祝いするのが慣例でした。
遠方(と言っても隣県)に住む祖母や叔母が家に来て、おせちを食べるのです。
しかし、その年のお正月は違いました。
何やら緊張した様子の叔母と、どことなく憂鬱げな祖母、そして苛だった父。
母だけが何やらおろおろとしていました。
何でもお客さんが来るそうで、しっかり挨拶をしなさいとだけ母親に言われました。

そのお客さんは叔母よりも少し年上の、温厚そうな少し背の低い方でした。
何やら難しい話をした後に紹介され、不思議そうに妹と顔を見合わせた私。
その後、叔母と父、そして祖母は別室にいき、何故か取り残された母と私と妹、そしてお客さん。
4人でトランプをして遊んだものです。お客さんが帰った後、私は祖母に聞きました。
「あのお客さんはなんで今日きたの?」
お正月明けてからでもいいじゃない、という意味で聞いたのですが、祖母は急に泣き出しました。
今度は私がおろおろする番です。
「おばさんが結婚するんだ…だから、おまえにも妹ちゃんにも、紹介しないとねぇ」
思わず固まった私、そして泣きじゃくる祖母。地獄絵図以外の何物でもありませんでした。

あの時叔母はもうあと一歩で40歳。祖母はもう70歳をゆうに超えていました。
祖母曰く、叔母はずっと嫁には行けないものと腹をくくっていた、あれはうれし涙だ、と言っていました。
父曰く、めでたい事だが急なことで苛々していたんだ。という反応でした。
私はただ只管に、新しく親戚ができることを喜んで、妹と二人でワイワイ騒いでいたものです。
叔母は、心配をかけた分幸せになる!と笑顔でした。

現在叔母は、その温厚そうな旦那さんとまだ一緒にいます。
会うたびに一方的な口喧嘩をまくし立て、旦那さんは謝りっぱなし。
それでもお別れの道を歩むことはないようです。
"

メニュー

関連エントリー

写真とプロフィールは重要 写真の印象 男性の写真 女性の写真 結婚相談所での自己PR 結婚相談所で中身で勝負 結婚相談所と3高 結婚相談所と会話 結婚相談所の入会基準 結婚相談所の途中退会 結婚式の準備は計画的に 肉食系と草食系について考えてみた 結婚してから知ったこと 30代以上の結婚 本人同士が納得していればいいと思います 幸せな瞬間を切り取る写真 写真だけ残す結婚、ちょっと寂しいかな。 ちょっと待って、妊娠検査薬の反応 すごく嬉しかったです 夫婦喧嘩は事前にルールを設けておくことで長期化せずにすむ